酒呑童子の基本情報

酒呑童子

基本ステータス

名前 酒呑童子
レア度 5
クラス アサシン
属性 混沌・悪
コスト 16
絆礼装

隠しステータス

NP倍率 0.55
被ダメNP倍率 4
スター発生率 25
スター集中率 98
性別
相性
特性 神性・魔性・竜

レベル別ステータス

レベル HP ATK
1 1881 1853
90 12825 11993
100 14050 13128

カード性能

カード数 ヒット数
Quick 2 4
Arts 2 3
Buster 1 1
Extra 6

クラススキル

名前 効果 数値
気配遮断C 自身のスター発生率を少しアップ 6%
神性C 自身に与ダメージプラス状態を付与 150

『鬼哭酔夢魔京 羅生門』にて初登場したアサシンです。

ロリ体躯でありながら妖艶な鬼娘。

恰好がエロい。
声がエロい。
しゃべり方がエロい。

過激な衣装が多いFGOの中でも、
エロス要員として挙げられることが多いのは流石。

ええ、私の知り合いでも酒呑童子がエロ過ぎて
ガチャが我慢できなかったという同志は何人もいますとも。

ストーリーでは『天魔御伽草子 鬼ヶ島』や『英霊剣豪七番勝負』でも活躍しています。

性能面ではATKが1万2千弱ありますが、アサシン補正により実際の火力はもう少し下になります。

Busetr以外は安定したHIT数を持っており、特にEXは6HITと破格。
スター生成とNP効率はどちらも良好です。

酒呑童子のスキル運用

果実の酒気A

敵全体に確率で魅了状態を付与(1T)【固定:60%】
&防御力をダウン(3T)
CT:9~7
レベル 1 2 3 4 5
倍率 10% 11% 12% 13% 14%
レベル 6 7 8 9 10
倍率 15% 16% 17% 18% 20%

魅了と防御の多重デバフスキルです。

しかし確定は防御ダウンのみ。
魅了は男女問わずですが、
確率は60%でレベルを上げても変わりません。
また全体ですがレベルによる防御のデバフ値の上昇値は低め。

酒呑だけでなく全体のダメージ上昇に繋がりますが、CTの多さもあり『鬼種の魔』に比べて強化優先度は落ちます。

しかしながら酒呑をメインに運用していくなら、しっかり強化はしておきたいスキルでもあります。

鬼種の魔A

味方全体の攻撃力をアップ(3T)【10~20%】
+自身の宝具威力をアップ(3T)【20~30%】
CT:7~5
レベル 1 2 3 4 5
倍率 10%
20%
11%
21%
12%
22%
13%
23%
14%
24%
レベル 6 7 8 9 10
倍率 15%
25%
16%
26%
17%
27%
18%
28%
20%
30%

酒天の生命線にも近しい強力な攻撃強化スキルです。

カリスマAと同倍率の全体攻撃強化に加えて、それ以上の宝具強化が同時に付与されます。

どちらもも三ターン継続するため、
タイミングが選べて扱いやすいです。

CTがレベル10で5なのもカリスマと同様。

酒呑を運用していくなら強化必須のキースキルです。

戦闘続行A+

自身にガッツ状態を付与(5T)
CT:9~7
レベル 1 2 3 4 5
倍率 1200 1350 1500 1650 1800
レベル 6 7 8 9 10
倍率 1950 2100 2250 2400 2700

酒呑にとっては唯一の生存率アップスキル。
ランクがかなり高いため最終的なHPの伸び率も高めです。

ただし酒呑はバーサーカーでもなく特別HPが低いわけでもないため、ガッツでは回復手段としては使い勝手が今ひとつです。

強化優先度は他スキルと比べて低めになります。

酒呑童子の宝具

千紫万紅・神便鬼毒せんしばんこう・しんぺんきどく

カード:Arts
敵全体に強力な攻撃【450~750】
&弱体耐性を小ダウン(3T)【固定:10%】
&防御力を小ダウン(3T)【固定:10%】
&攻撃力を小ダウン(3T)【固定:10%】
&宝具威力を小ダウン(3T)【固定:10%】
&クリティカル発生率を小ダウン(3T)【固定:10%】
&弱体耐性を小ダウン(3T)【固定:10%】
&スキル封印状態を付与(1T)
&毒状態を付与(5T) <OC:効果UP>【1000~5000】
レベル 1 2 3 4 5
効果 450
1000
600
2000
675
3000
712
4000
750
5000

敵全体に対しとんでもない数のデバフが一気に付与されます。

しかしほとんどは小ダウン。
OCによる上昇もないため、単体だと気休め程度のものが多いのが現実。悲しい。
活かすなら他のデバフと重ねがけしていく必要があるでしょう。

防御ダウンについては『果実の酒気』と重ねがけすれば最大30%ダウンとそこそこの数値に。

弱体耐性ダウンは魅了の成功率に関わりますが10%でしかなく、それよりは防御ダウンで宝具の威力を高めたいところ。

他はスキル封印が強力です。
ただし攻撃が強力な敵にかけてしまうと、かえって被害が大きくなるリスクもあるので注意。

毒状態についてはOCによる伸びが大きいため、最大で25000ダメージと案外バカにできません。

ただ防御デバフが付いているため、他の宝具チェインした方がダメージ増えるということは珍しくないです。

宝具動画

酒呑童子の特性

仲間まで強化する強力なバフ

実質上自己バフと全体バフの重ねがけのバフを所持しています。

攻撃バフは自身の宝具威力も大きく引き上げてくれます。

防御バフも一ターンとはいえ30%と高い倍率と、三ターンの全体効果を持っており強力です。

総合的に見るとサポート型

宝具の基本倍率は全体としては悪くないですが、Artsでアサシンによるダメージ補正もあるため、星5としては高くない火力です。

攻撃カードはアサシンとして優秀なものが多いですが、スキルや宝具は様々なデバフ効果を与えます。

ただし確率だったり効果自体は弱かったりと弱点もあるので、活かすには編成や礼装をしっかり選ぶ必要があります。

火力はスキル依存が大きい

『鬼種の魔』や『果実の酒気』はダメージを底上げして、味方全体に影響を与えます。

この二つをきっちり上げて宝具を使用すると、目に見えてダメージは伸びるでしょう。

酒呑童子の編成

ジャンヌオルタ

目立ちませんが、何気に酒呑童子は竜属性持ちです。

ジャンヌオルタの竜特性にかかる攻撃強化の範囲に入ります。

ジャンヌオルタの火力も高いので、相互にバフをかければかなりの火力を出せます。

またジャンヌオルタにはスター集中とクリティカル威力アップのスキルも持っているため、酒呑のスター生成力も活かせます。

新宿のアーチャー

攻撃強化で言うならば、『邪智のカリスマA』の〔悪〕特性の効果範囲にも入ります。

酒呑童子がいればサポート役として、
『蜘蛛糸の果てA++』の星稼ぎが楽。

新宿アーチャーの宝具にも防御ダウンが付いているため、二人で重ねれば相当な防御低下が見込めます。

玉藻の前

玉藻の前ならばガッツしかなく欠けていた回復と、スキルの回転効率を高めてくれます。

火力向上の効率化は酒呑にとって重要度が高いです。

またアーツの強化によりNP効率と宝具威力の向上も魅力です。

酒呑童子のオススメ礼装

ストリート・チョコメイド

QuickとArtsの両面強化ができます。

どちらのカードも酒呑童子には重要であり、星稼ぎとNP効率の上昇します。

フォーマルクラフト

Artsカードと宝具の強化に割り切ってしまうならこちらを選ぶのも手。

ひとつに絞っている分、効果も大きくなります。

ノイジー・オブセッション

宝具火力と共に魅了スキルの成功率を高められます。

星出し環境が整えられているなら、クリティカル威力上昇も魅力です。

2030年の欠片

酒呑童子がサポート向きの性能をしているため、メインアタッカーを据えるなら星出し要員の比重を多くするのも有りです。

酒呑童子のオススメ運用

・デバフによるサポートアタッカー
・全体宝具による周回要員

酒呑童子のマイルーム・ボイス

・『鬼哭酔夢魔京 羅生門』復刻含むのボイスも有り

酒呑童子の『幕間の物語』

【酒に酔い、酔に狂い、狂に滾って】